So-net無料ブログ作成
検索選択

SST-90 [MAG-LITE]

お久しぶりです。

SST-90の入手を待っていたら、もう年末(^^ゞ

他にライトの改造はしてなかったわけじゃないですが、なんか乗り気になれずblogは放置状態に・・・(^ ^;

 

しか~し!

ついにkaidomainでbin不明ではありますが、$47.76で売ってたのを見つけて他にも目をつけてたBatteryと一緒に購入!

1631248734_182.jpg

その他のパーツは『MAG-LITE SST-50 FullDrive』 とほぼ同じですが、シンクはwingさんに少し改良をお願いして作成していただきましたo(^ ^)o

wingさんから提供していただいたパーツは、シンク、銅コア(2種)、スナップリング、樹脂製パイプ(PVCでしょうか)いつもお世話になっておりますm(_ _)m

 

BatteryはLi-ion32650が入手不能になってしまったので、Li-ion32600ってのがkaiで扱ってるので買ってみましたが調べた感じではLi-Feらしいです。

開封してテスタで測ると3.0V、一応Li-Fe対応充電器を購入して当該モードで充電すると3.3Vでしたので、まぁ何とかなりそうです(心配はあるんですけどね)

kaiで充電器も扱ってりゃ良かったんだけど、Li-Fe対応のはナイので余分な出費になっちゃいました(´ω`;)

 

 

 

 

SST-90ですが、データシートはpdfで見てて想像はしてたけどやっぱりデカイ(^^ゞ

1631392700_17.jpg

SST-50が正方形サイズになったでけでなく、レンズもダイサイズに合わせてふたまわり程大きいです。

レンズのサイズが大きくなってるので、XR-EとかMC-E用のリフは使えないと思います(予備で買ったもう1個を他のライトに入れようかと思ってたけど、無理っぽいですな)

1631392700_247.jpg

裏側はこんな感じです。STAR基板から取り外したので半田が付着しています。

SST-90のほうはアノード、カソードの部分が大きくなってますね。

これならAWG20の配線も楽に半田つけできそうです(^ ^)

 

1631897577_218.jpg1631897577_100.jpg

SST-90を銅コアにリフローして裏面にAWG20で配線、H6Flexに結線してユニットを作成!

このシンクの改良点はSST-90の裏面に半田付けしたリード線との接触回避とリード線を通す穴を2mmにしてもらいました。AWG18もイケると思うのですが、残念ながら近所のお店では扱ってなくて入手できず・・・少量でいいので通販はしませんでした(-_-;)

 

PC119081.JPG

MAG 3DのS/Wを改造してユニットと接続。

S/WはSST-50 Ver.とは少し変えて、グランドのイモネジへのアクセスはどうせユニットの半田を外さなきゃいけないのだから、タクトS/Wの基板を取り外す方法にしてます。

 

PC119080.JPG

比較的あっさりと完成!

 

PC119063.JPGPC119072.JPG

リフ穴との接触が心配だったので、SST-90の角を予め少し削ってあります。

 

PC119082.JPG

更にUPで(^ ^)

よく見ると、縁にグリス状の物質が付いてますね・・・撮り直すのはめんどいのでしませんが、ちゃんと除去しました。

 

 

SST-50も撮って見ました。

PC119076.JPGPC119074.JPG

XR-Eとほぼ同サイズなので、実に普通です。

 

 

並べて。

PC119077.JPG

組み込んだ状態で見るとSST-90はやっぱりデカイです(^ ^;

 

PC119057.JPG

ふたつを並べるとこんな感じの照射です。

左がSST-50で右がSST-90ですが、HOTSPOTの大きさがこれだけ違うので中心照度だけでは比較しにくいです(-_-;)

見た目ではSST-90のほうが断然明るいんですけどね(^ ^ゞ

 

 

 

壁照射です(距離:50cm、ISO:100、SS:1/500、f:2.8、WB:SUN)

LEVEL 1(33mA)

PC119051.JPGPC119051自動LEVEL補正.jpg

中心照度は111.2Lux@1mでした。

SST-50での33mA駆動(170.4Lux)より照度は低いですが、見た目は同じくらいです。

しかし、SS:1/500ではまったく写ってません(^ ^ゞ

フォトショでレベル補正(オート)をかけるとこんな感じになりました。

 

 

②LEVEL 2(505mA)

PC119052.JPG

中心照度は2,008Lux@1mでした。

LEVEL2もSST-50の6.6Aモード505mA(2,742Lux)より低いですね。

 

 

 

③LEVEL 3(1,620mA)

PC119053.JPG

中心照度は6,460Lux@1mでした。

LEVEL3もSST-50の6.6A駆動モード1,620mA(7,990Lux)より照度が低いです。

 

 

④LEVEL 4(3,377mA)

PC119054.JPG

中心照度は12,800Lux@1mでした。

LEVEL4もSST-50の6.6A駆動モード3,377mA(14,200Lux)より低いです。

 

 

 

⑤LEVEL 5(6,600mA)

PC119055.JPG

中心照度は21,220Lux@1mで、みるみる照度が20,500Luxまで下がり、以降はダラダラと落ちていきます(^ ^;

やっぱり熱でしょうかねぇ・・・SST-50よりは落ち具合が緩やかですが(-_-)

LEVEL5でやっとSST-50の6.6A駆動モード6,600mA(瞬間値20,000Lux)を上回りましたが、前述の通りHOTSPOTのサイズがちがうので中心照度以上に見た目ではSST-90のほうが明るく見えます。

ルーメン値が測定できれば良いのですが、残念ですがウチでは出来ませぬm(_ _)m

 

 

とは言え、これでは伝わらないのでSST-50、SST-90双方の6.6A駆動の同一条件での写真です。

(距離:50cm、ISO:100、f:2.8、WA:SUN)

①SS:1/2000

 上:SST-50、下:SST-90

PC129089.JPG

PC129087.JPG

 

②SS:1/4000

 上:SST-50、下:SST-90

PC129090.JPG

PC129088.JPG

なんとかSST-90のほうが明るいのは分かっていただけるでしょうか(^ ^ゞ




 

おまけでアスフェリカルレンズで(距離:2.5m、ISO:100、SS:1/500、f:2.8、SS:SUN)

PC119058.JPG

SST-50よりも大きいのが良いのか、ちょうどイイ感じです(^^♪



nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 11

monozof

おおぅ!ついにSST-90来ましたか。
しかし本当にダダーっと値下がりしましたね。
いや最初プレミア付き過ぎてたのがやっと本来の価格に近づいたと言うべきか。

こぉ明るさ感は余裕あるパワーでSST-50を更にたっぷり厚くズドーンと太くしたような感じでしょうか?
しかし出力的には市販ライトベースだとやはりDセルMAGくらいでないと厳しそうですね。
いやMAGならその気になれば5、6セルも・・?
by monozof (2010-12-12 20:36) 

cinq

SST-50との比較、よくわかります。
スポットがデカくて全体の光量も多そうですね~(^^)
見た感じはMC-EやHIDと比較してどんな感じですか?

by cinq (2010-12-13 20:49) 

Higu

しかし、凄いですね!!!写真ではSST-90が断然明るく見えますね!!!

今度の電池はLiFeなんですね!興味がアリマス・・・
アスフェリカルレンズでどのぐらい飛ぶのか実物が見てみたいです!!!
by Higu (2010-12-13 21:37) 

川端

LUMINUSってートコのヤツですか?
50にせよ90にせよ、かなり、こう、なんちゅーか、どばぁっと明るそうなイメージですね。確かオフでHiguさんが気になるエミッターだみたいなことをおっしゃっていたような気がしますm(_ _)m

ちなみに、梅田でマジックバーへ行ったときにwingさんから頂いたハット型?だかのエミッター入りキーライトだけで鍾乳洞へ入ってみたのですが、とても優秀で、じゅーぶんの照度。

もう判断停止してしまっているので完全に改造するひと任せ状態なのですが、エミッター、大型も小型も色々進化してるんですねぇ(^^)
by 川端 (2010-12-14 07:43) 

monozof

一度コメ書いたような気もしますが・・改めて。
やはりSST-90はかなーりでかそうですね。
CR123かAAライトだったらLEDのレンズそのままでもイケそうか?とも思いましたが・・ベース部分が入らないっぽい?

と、今気がついたんですが新たにマグ本体も新調されてたんですね。
これでLuminus系が2本になって、たぶんXM-Lも頼んでらっしゃるでしょうから・・・全部でマグ何本?
by monozof (2010-12-22 20:18) 

nob

皆様すみませんm(_ _)m
管理画面なんて滅多に開かないものですから、cinqさんに指摘されてやっと気づきました。
blogのコメント設定に異常があったようで、普通に「受付/表示」に設定しているにもかかわらず承認後表示になっているようです。
再設定しましたので良くなっていると思いますが、、、、あれ?今書いてるコメントも下に「※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます」になってるなぁ(^^ゞ
by nob (2010-12-23 23:51) 

nob

個別記事の設定で「受付/承認後表示」になってました(^^ゞ
by nob (2010-12-23 23:54) 

nob

monozofさん
SST-90はちょくちょくチェックしてたので早速GETしました(^^)
Li-ion3本は要ると思うので、大き目の筐体が必要ですね・・・MAGなのはwingさんの影響です(^^♪
D-MAGなのはH6FLEXのサイズのせいです・・・Body色が豊富なのもメリットですね(^_^)

>ベース部分が入らないっぽい
レンズで8.1mm、フレームの対角で12.1mm、セラミックスレートの対角なら15mm程あるので、小さなライトには入らないですね(-_-;)

>XM-L
あはは、実はスルーしました(^^ゞ

4C、2D、3D(2本)4D(normal)の5本ですね(^_^)
by nob (2010-12-24 00:15) 

nob

cinqさん
光量は多いのですがリフのサイズが小さいようです。もっと深くて大きいと集光できると思いますが・・・ドバッと明るいのも悪くはないです(^^)

>MC-EやHIDと比較
MC-Eとは3Aくらいだと同じような感じですね。
Spotの大きさがSST-90のほうがやっぱり大きいので配光はずいぶん違いますが・・・MC-Eのほうが集光してます。
HIDはリフが専用品なのと、そもそも集光しやすい発光体なので飛びがゼンゼン違います。発生光量自体は10WHIDよりSST-90のほうが明るいのですが、中心照度はHIDが凄いです(*^ω^*)

写真じゃ比較が難しいでしょうねぇ(-_-)
by nob (2010-12-24 00:34) 

nob

Higuさん
6.6Aでコレですから、9Aも流すと凄いでしょうね(^^)

>LiFe
このBatteryの情報が少ないので、買うのは勇気が要ったのですが32650が手に入らないので思い切ってチャージャーも用意しました。
ただ、容量が4000mAh表示でSST-90の6.6Aでは1Cを超えてるせいかBatteryの発熱があったのでLi-ion32650のほうを使用することにしました。
LiFe32600はSST-50のほうに使用してます(1C越えてないせいか発熱はないです)

>アスフェリカル
恥ずかしくて近所じゃ点けられないです(*ノェノ)
by nob (2010-12-24 00:43) 

nob

川端さん
そうですLuminusです!Luminus学園じゃナイです!ルミナス神戸でもありません!
ネーミング的にとっても好みです(^^♪

SST-50もSST-90も大電流で活きるので使いにくいところもありますが、光量が欲しい場合には有効なLEDですね・・・懐中電灯的にはどうしてもデカくなります(^^ゞ

次はXM-Lなのでしょうけれども、まだ買ってません(^^ゞ
by nob (2010-12-24 00:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。