So-net無料ブログ作成
検索選択
ヘッドライト ブログトップ
前の10件 | -

FoxFury Pro 改 完成しました [ヘッドライト]

やっと、完成しました(^ ^)

光学系の選定でもたついてしまいましたが、それはそれで楽しかったですね(^^ゞ

実のところ、未だにコリメータに未練たらたらだったりしますが、現時点では仕方が無いかな、と・・・

P1147151.JPG

ホコリがみっともないですが、いつものことです(^^ゞ

外側2灯がフロステッドコリメータ、内側2灯がリフレクタ(McR20改)、LEDがMC-E M-bin(WH)仕様のFoxFury Pro-Ⅲです(^^♪

掛かった費用は・・・調べれば分かるはずなのに、なぜか調べることができません"o(-_-;*)

 

 

壁照射です

外側2灯Low 

P1147161.JPG

少しダークスポットがあるので室内では気になりますが、屋外では問題なかったです。

もっと綺麗な照射のコリメータがあれば換装したいかな(^_^;) 

 

 

内側2灯Low

P1147162.JPG

壁から近すぎるので少し楕円な照射に見えますが、これも屋外では気になりません。 

欲をいえば、もっと中心照度が欲しいですがリフの径も深さも足りないのでどうしようもナイですな(^_^;)

 

 

4灯Low

P1147163.JPG

おそらく、このモードを多用すると思います。

RuntimeはNormal Pro-Ⅲで2時間なので、コレもほぼ2時間と思います(CR123A 6本も犠牲にしてRuntimeを測定する気はナイです(^^ゞ) 

 

 

4灯Hi 

P1147164.JPG

写真では4灯Lowとかなりの差がありますが、屋外では「そこそこ明るくなった」程度にしか感じられませんでした。 

もちろん照度計で測定するとかなり明るくなっているのですけどね(^_^;) 

 

 

壁沿いにほぼ垂直に向けての照射です(4灯Hi) 

P1147174.JPG 

リフ2灯の照射範囲の外側がコリ2灯の照射です。

コリ2灯が周辺光を担っており、足元まで広範囲に照らします。 

たぶん明る過ぎるんだろうなぁ~って思いますが、明るさにマヒってるためか「ふぅ~ん、こんなもんかな」って感じで、NormalのPro-Ⅲと直接比較しないと判らなくなってしまったようです(-_-) 

正直、何ルーメン出てるのか知りたいトコロです・・・前面カバーでのロスが凄いかも(^_^;)

 


1/18追記:写真1枚忘れてた(^^ゞ 

P1147177.JPG 

Pro-Ⅲ改 4灯Hi とNiteCore EXTREME(Basicなヤツです)Hi との比較(^ ^)

丁度NiteCore EXTREMEを買ったトコロだったので、ついでに並べて(距離50cm)撮ってみました。

Spotが飛んでるのでPro-Ⅲ改が凄く見えますが、中心照度はNiteCoreのほうが上です(^^ゞ 

 


P1147155.JPG 

蓄光は、外側2灯だけになってしまいました。

リフの裏側で蓄光剤が光っているはずですが、まったくのムダに・・・(-_-;) 

 

 

屋外での照射撮影は春になって、憶えていたらやります(^_^;)

 

 


FoxFury Pro 改 光学系を弄ってみた [ヘッドライト]

FoxFury Pro-ⅢにMC-Eを換装したのを、川端さんに送りつけてテストをお願いしてみたのですが・・・やはり照射範囲が広すぎて、徒歩には良くても自転車にはもう一つっぽい評価でした(-_-;)

もちろん、自分でも判っていましたけどね(^^ゞ

そこで、光学系をもう一度見直すことにしました。

現状はコリメータにフロスト処理してあるので、表面で拡散(錯乱?)しちゃって照射範囲が広く、且つ中心照度が出ない・・・真っ暗な場所で点灯すると、視界全体が物凄く明るくなるんですけどね(^^ゞ

自転車用にしたいので、配光を変えて中心照度を上げたいトコロです。

 

そこで、まずは光学系をテストできるように、DOP-11MG(Luxeon K2仕様)にMC-Eを換装。

P1067084.JPG

Pro-Ⅲに入れたM WHで、4並列に配線してます。 

コレにコリとかリフをあてがって照射を確認してみました(前はPro-Ⅲ自体でテストしてたので写真は撮っていません)

 

天井に向けて照射してますので距離は実測していません(70~80cmくらいでしょうか)SS:1/100、f:2.8、ISO:100、WB:SUN 

まずはMC-E用コリメータ プレーンタイト

P1067070.JPG 

MC-Eに直接コリメータを載せてもダークスポットはなくならない・・・コレでMC-E用だってさ(-_-;)

最初はホルダーに着けた状態で照射を確認していたので、丸い照射部分が広がって丸の中に四葉模様がある、変なパターンになってました(^_^;)

 

 

DOP-11MG用 OPリフ(Luxeon K2用に調整してます)

P1067072.JPG 

ちょっと位置合わせがズレてましたダークスポット(撮影時は気が付かなかったです)がでちゃってます(^_^;)

しかし、位置合わせが合っていれば綺麗な照射です・・・さすがDOPなんにでも合うぜ(*^^)v

 

 

DOP-11MG用 スムースリフ(XR-E用 メッキを剥がして研磨したものです)

P1067071.JPG

四葉模様が出てます(^^ゞ

XR-E用なのでリフ底を削りすぎてて、エミッタから少しリフが浮いた状態です。

 


ちょうど川端さんからリフ研磨の依頼を受けたので、写真を撮ってみました。

P1067086.JPGP1067081.JPGP1067080.JPG

こんな感じになる予定(^ ^) 

もうちょっとで、2年も経つのに今でも綺麗です・・・ホコリはみっともないですね(*^^)v

2年も前ですから、今見ると磨きスジが結構残ってて恥ずかしいっす・・・今ならもっと綺麗にできるハズ(時間は掛かりますけど)


ココからが本番


FoxFury Pro 改 照射修正 [ヘッドライト]

前回、MC-Eを「田田田田」の並びに修正したところからの続き・・・

撮影の設定を変更(距離:50cm、SS:1/100、f:2.8、ISO:100、WB:SUN)

プレーンタイト_Normal.jpg 

左上:LOW 外側 2灯 プレーンタイト

    おぉ、「田」が半分重なった照射になりました(^ ^) 

    しかし、相変わらず左右の位置が・・・修正したつもりが余計にズレた(-_-;) 

 

右上:LOW 内側2灯 プレーンタイト

    綺麗に重なった・・・まるで1灯(^^♪

 

左下:LOW 4灯 プレーンタイト

    配光自体は、ほぼ希望通り(^^) 

    できれば、もう少しだけ集光したいかなぁ・・・

 

右下:HI 4灯 プレーンタイト

    明るい!60度傾いてたエミッタを正対させてよかったです。

    上下左右の切れ込みと4灯の微妙なズレが気に入らない・・・ズレは自分のせいですが(^_^;) 

 

 

もっと集光できないかと、エミッタとコリメータの位置を見直すと、けっこう浮いた位置になってたので、コリホルダーの底の厚みを削ってコリメータをエミッタに近づけて(ギリギリの位置になりました)Spotにしてみました。 

プレーンタイト_Spot調整.jpg

モロにダークスポット出ちゃってますが、コレ以上寄せるのははムリ(>_<) 

エミッタの位置合わせも今回は上手くいったようです(^^♪

この状態でのMAX4灯の中心照度は(ホントの中心はダークスポットなので、実はちょっと上側で♪)3,520Lux!もちろん1mの距離です(^ ^) 

 

中心部が飛んでますので、シャッタースピードを1/500に落として撮影。

PC257064.JPG

ぬうぅ あとちょっとなのに・・・(>_<) 

それでも、最初から比べるとかなり集光できてるので、コレでボカして誤魔化せば・・・

ココでついに、コリメータを改造!

DSC02557.JPG

フロステッドナローのほうを、研磨してフロストを薄くしてみました\(^ ^)

左がOriginal、下の文字はまったく読めません。

右がフロストを薄くしたもの、画数の多い漢字は良く分かりませんが、ひらがなは読めます。

・・・が、やりすぎた(-_-;)

薄くしすぎてダークスポットが消えなかったので、現在はもう少しフロストを強めに変えてますm(_ _)m 

 

Spot調節とコリメータ改造後の照射・・・

フロスト調整&Spot調整.jpg

写真では綺麗にダークスポットとダーククロスを誤魔化せていますが、肉眼では両方とも薄く確認できます・・・実使用では気にならないレベルかな(^^ゞ 

Spot&フロスト調整照度測定.jpg 

①~⑦の各位置の照度です・・・照度は1mで測定してますが、写真は距離50cm。

① 2,032Lux

② 1,865Lux

③ 1,257Lux

④ 1,043Lux 

⑤   759Lux

⑥   587Lux

⑦   211Lux

いやぁ、やっとマシになったような・・・(^^ゞ 

室内で点灯するとブワッと明るくなり、天井バウンスでの床面照度が16Lux!前にMC-Eに換装したSURE L6を測ったときは10Luxだったので、かなり明るい!

照射範囲が広すぎて迫力が感じられなかったので良く分かっていませんでしたが、充分な明るさが出ているようです(^^)

照射については現状の光学系ではコレ以上望めなさそうです。リフに換えたらもっと凄いのでしょうけど、ソコは初志貫徹で、更に良いコリメータが入手できたら試そうと思います(*^^)v

 

忘れてたけど、光色はちょっと黄色いです。MC-EのWHはXR-EのWHよりは色温度高めに感じますが、誤差範囲程度でほぼ同じ光色のようです(Normal Pro-Ⅲはもっと黄色かったので、それに比べると白くなってます)

暖色系はもっと黄色いのでしょうが、個人的には今回のMC-E位の光色が好みです(^^♪ 

 

 

 

 

※屋外での照射撮影も予定していたのですが結局、仕上がった頃には天気が合わず断念しましたm(_ _)m

終わったようですが、まだ続いたりして・・・┐(-。ー;)┌

 


FoxFury Pro 改 照射 [ヘッドライト]

なんか、スゲー期待させてるようですが・・・

もったいぶってる訳じゃなくて、撮影が難しいんです(>_<)

照射範囲が広すぎて室内では50cmまでしか距離が取れないのと、屋外で撮るには時間と天気がなかなか合わない(-_-;)

とりあえず室内での撮影分を先に・・・

 

フロステッドナローのコリメータをセットしたPro-Ⅲ MC-E Ver.です(^ ^)

PC176973.JPG

 

 

照射範囲が広いので、こんな感じで壁を照らして撮影しました。

PC176953.JPG 

 

壁照射写真です(照度は距離1mで測定してます) 

距離:50cm、 SS:1/50、 f:2.8、 ISO:100、 WB:SUN、です。

①LOW 外側2灯 フロステッドナロー

PC176947.JPG 

中心照度は626Lux (-_-;)

フロストが強すぎるようで、照度が出てません(>_<)

光量は多いのですが、光が拡散しすぎてます。

せっかくのMC-Eなのに普通のヘッデンですな・・・チャリ用なので多少は飛んでくれないと(^_^;) 

 

②LOW 内側2灯 フロステッドナロー 

PC176948.JPG 

コレも中心照度は668Lux。

2灯では、XR-E R2 の1Cell Lightと同等程度(中心照度で負け、周辺照度と照射範囲で勝ちと、言ったところ)

 

③LOW 4灯 フロステッドナロー

PC176949.JPG 

4灯でやっと凄みが出てきました(^_^;)

それでも中心照度は1,016Lux・・・白飛びしてる部分の照度は900~1,000Lux!とにかくピークのないなだらかな照射です。 

 

④HI 4灯 フロステッドナロー

PC176950.JPG 

中心照度は1,583Lux。

MC-E 4灯だけのことはありますが、やっぱり物足りない・・・歩行速度なら問題ナイでしょうが、チャリには不向きでしょうね(-_-;) 

屋外でちょろっと点けてみましたが、明るいことは明るい。Floodすぎて希望とは違うけどね(^^ゞ

 

 

 

フロステッドナローのコリメータは、照射は綺麗ですが飛ばなさすぎです。

そこで、四葉な照射ですがプレーンタイトなコリメータに換えてみました。 

DSC02553.JPG 

 

⑤LOW 外側2灯 プレーンタイト

PC187002.JPG

わはは、くっきり四葉が半分重なって桜の花みたいに・・・(^^ゞ

中心照度は880Lux(中心部は照度が低いです)

フロストと同じ設定で撮影したのは失敗でしたm(_ _)m 

 

⑥LOW 内側2灯 プレーンタイト

PC187003.JPG

ちょっとイビツに・・・1灯ちょっとズレてるみたいです(^_^;)

中心照度は1,385Lux(最も照度が高い箇所は中心よりちょっと上で真正面じゃナイです)

集光してないのに照度が高い・・・集光できる光学系が使えればさぞかし凄いことでしょうね(-_-;) 

 

⑦LOW 4灯 プレーンタイト

PC187004.JPG

まるで・・・警○ 中心照度は1,666Lux。

照射が変じゃなければ、コレくらいの明るさで満足なのですが(-_-;) 

 

⑧HI 4灯 プレーンタイト

PC187005.JPG

ココまで明るいと、照射が変な点は気にならなくなります(ちょっと変かな?くらい)

中心照度は2,833Lux(Normal Pro-ⅢのMax照射とほとんど変わらないですね)

やっぱり、明るくはなってるんですね~(広範囲すぎて実感が感じられないですが) 

 

 

あと、蓄光ぐあいはこんな感じ・・・

PC176967.JPG

フロステッドナローは明るく、やさしい感じで綺麗です(^^♪

 

DSC02550.JPG

プレーンタイトは硬質な感じでCoolです。

コッチの画質は綺麗ではナイです・・・コンデジでテキトーに撮った(-_-;)

 

 

 

さて、とりあえず照射を撮ってみたものの、満足には程遠い出来です(^_^;)

明るさではNormal Pro-Ⅲを完全に凌駕してますが、照射がヘン過ぎ(>_<)

エミッタの配置がSTAR基板の固定と配線の影響で60度傾いて載っているので照射が警○っぽくなっちゃってる(>_<)

気に入らないので、エミッタが正対位置になるよう組み直すことしました。

DSC02555.JPG

なぜ初めからこうしなかったと言うと、Normalの配線を流用したかったのと、フロストの掛かってる方を使うので、向きは重要と思っていなかったから・・・(^^ゞ

コレで「田田田田」が半分ずつ重なった照射になるはず・・・コレならイケルかも(^ ^)

 

 

まだまだ、つづきますε-(ーдー)

 


FoxFury Pro 改 [ヘッドライト]

前回の記事をUPした後に注文していたMC-Eが12月10日にcutterさんから届きました\(^^)/

今回は、M WH(Cool White)を選択。L6に入れたWCはちょっとだけ青みが感じられたので、更なる白さを期待してます。

最近は色温度の低い暖色系が流行ってますが、正直そんなに流行るとは思ってなかったです(^_^;)

ホラ、元がフィラメント好きでしょ、フィラメントが出せない白い光色がLEDの利点って認識してるので(^^ゞ

まぁ、ただ、まったく興味がナイ訳じゃなく、ついでにでもNatural Whiteくらいは買っとけばよかったかなと後悔してます(^_^;)

 

 

Cree R2が出始めた頃からPro-ⅢをR2に換装して照度UPしたかったのですが、4個も要るのでなかなか・・・(^^ゞ

前回のMC-Eを注文した時にPro-Ⅲ用にR2も6個入手したのですが、予想以上にMC-Eが気に入ったのとcutterさんトコでMC-E用コリメータがあったので「MC-Eにしよう!」となりました(^^♪ 

注文したMC-E(M WH)6個とコリメータ2種(各4個ホルダーもセット)です。

DSC02485.JPG

コリメータは、プレーンタイトとフロステッドナローの2種、ほかにリップル(波紋状)とエリップティカル(長円)ってのもありますね・・・長円のほうも買っとけば面白かったような(^_^;)

購入する前からプレーンなほうはダイの形がクッキリな照射であろうと予測、フロステッドナローが本命なわけですが、淡い期待を持ちながら仮点灯で実験すると・・・はたして予想通りの四葉照射!ま、仕方がナイね(-_-;)

やっぱり、と言うか予定通りフロストの掛かってるコリメータを採用したわけですが・・・もし、照射が気に入らなかったらプレーンなほうを自分で加工するかも(^_^;)

 

 

LEDとコリメータは揃いましたが、ある問題が・・・ 

Normal Pro-ⅢのコリメータはXR-E用で、cutterさんトコのコリメータよりも全高が高くPro-Ⅲ本体のリフレクタ(カバー)との組み合わせが合いません。このままではSTAR基板ごと嵩上げしないとコリメータ前面とリフレクタに隙間ができてしまいます(-_-) 

DSC02536.JPG 

しかし!MC-E用のコリメータは、LuxeonⅠ用のと同サイズなので・・・

DSC02533.JPG 

LuxeonⅠのPro Edition!を都合良く持っていたので、Pro Editionのリフレクタを転用することで解決・・・ピッタリ適合(^^♪

コレで、あとは実際に換装するだけ!大改造しなくてもMC-E化できます(*^^)v

 

まずは、MC-EのSTAR基板が注文時は直列と独立基板しかなかった(今は各種揃ってます)ので独立を購入、エミッタの足をジャンパさせて自力で並列に・・・もうちょっと待てばこんなことしなくても(-_-;) 

DSC02497.JPG 

それとコリホルダーにBlueの蓄光剤を盛りつけ・・・綺麗に光ってくれます(^^)

DSC02496.JPG

 

次はSTAR基板をBodyに固定する方法ですが、XR-Eのコリホルダーと形状が違うためちょっと工夫が必要でした。

DSC02512.JPG

DSC02516.JPG 

Pro-ⅢはSTAR基板をビスで固定してるのですが、MC-E用コリホルダーではビス穴を塞いでしまいます。

元はなべビスでビスの頭が大きいので平ビスに変更、高さはOKですがSTAR基板の接点に接触しそうなのでビス頭の縁を削って小径化しました。そしてコリホルダーの底を削ってビス頭の干渉を解消してます。

気になるのはSTAR基板への配線の都合上、ビス止めが2箇所のみになってしまったこと。自転車用のつもりなので振動に耐えられるかちょっと心配(^^ゞ

DSC02498.JPG 

 

あとは、STAR基板を固定して配線、コリホルダーを接着して完成です。

DSC02519.JPG 

DSC02520.JPG 

DSC02544.JPG

コリホルダーの接着剤の硬化後コリメータを嵌めてリフレクタと前面カバーを装着。

試験点灯もOK!・・・だったのですが、1灯がちょっとだけズレてたのでコリホルダーを剥がして位置を修正したところ、なぜか不点灯に(・_・?)

やっちまったのか・・・|||(-_-;)||||||

 

 

原因を探ってると、Battery Boxとコンバータとの導通がナイ!Battery Boxを良く見ると隙間からヒューズ(F3AL250Vって刻印)がみえてしかも切れてる(^_^;)

翌日ホムセンでヒューズ(3A 250V)を購入、装着したら無事に点灯してくれました(^^)

いやぁ、かなり慌てましたよ、コンバータがお亡くなりになったのかと(^^ゞ

 

 

さて、無事に完成しましたので照射ですね(^^)

ちょっと撮影に時間が掛かっているので・・・つづくm(_ _)m


マイクロヘッドライト 釣り用らしい(^^ゞ [ヘッドライト]

お久しぶりですm(_ _)m

ネタがナイし、暑くてメンドクサイので「休眠状態」でした。

しかも何かと出費の予定があるので、諸々自粛中ということもあり紹介するようなLightは買っていません(^_^;)

そもそも、ネタがなければ記事が書けませんので(文章力ナイので)放置は仕方が無いです・・・企画放棄もいくつかあったような気がしますが(^^ゞ

 

今回はOFF会で〝alaris540さん〟が持ってきてた『WINS PROJECT マイクロヘッドライト』を入手できましたので、お手軽にLEDを500GSに換装してみました。

Micro HeadLight.jpg

買ったのはalaris540さんから教えてもらった通り、上州屋に特価でゴロゴロ置いてありました。お値段は¥680と、大変お求め易くなっております♡ 

ヘッドバンドは取り外してますが、ヘッドバンドの台座がクリップになっているのでいろんなところに挟むと便利そうです(^^♪ 

操作方法は頭頂部のS/Wを押す毎に「ローリング点滅→全灯点滅→点灯→OFF」ですが、ローリング点滅が楽しいです♪

 

 

購入したら、まずは分解!

レンズカバー外し.jpg

前面レンズ部分は90度回して取り外し、赤いレンズカバーが引っ掛かってちょっと塗装が禿げちゃったのですが、まったく気になりません\(^o^)/ 

 

 

リフ&バッテリー外し.jpg

リフはLEDに嵌まってるだけ。しかも集光にはまったく役に立っていないようで、取り外してもSpot部分の照射パターンに変化がありません、周辺光にムラができるくらいで、主に基板を隠すのが目的のようです。

そもそもリフの中心部からズレた場所に光源を配置してるので、ヘタにリフが有効だともっとムラムラな照射になるので、むしろコレで正解かもしれませんね(^^ゞ 

 

 

LED基板 表.jpgLED基板 裏.jpg

基板はビス止め、頭頂部のS/Wの引っ掛かりに注意してBodyから取り外し。

 

 

基板 LED摘出.jpg基板 500GS移植.jpg

元のLEDを取り外して、蓄光剤を盛った500GSに換装!

500GSの足にストッパーがあるので、元のLEDより若干基板から浮き気味になって、前面レンズが嵌まらなくなってしまったのでリフ底を削って高さを調節してます(高さが合わないのは分っていましたがストッパーを削るのはメンドクサイので・・・)

テキトーにハンダ付けしただけだとLEDの向きが揃えられなかったのですが、リフを嵌めた状態でハンダコテをあてたらキレイに揃える事が出来ました(意外な所でリフが役に立ちましたよ) 

 

 

500GS尻抉り蓄光 不純物入り.jpg蓄光 発光具合.jpg

蓄光剤はLEDのケツを抉って盛ってます(wingさん直伝)明るく残光してるのですが・・・リフを嵌めたら明るさ半減しちゃいました(-_-;)

 

 

照射です(距離:50cm、SS:1/2、f:2.8、ISO:100、WB:Sun)

照射「Normal vs 500GS換装Ver.」0.5sec.jpg

左がNormal、右が500GS Ver.です。 

ココまで違うかよ('◇'*)

両方とも中心部が白飛びしてますが、500GS Ver.は周囲が黄色く中心が青いです。Normalは全部青いですが(^_^;) 

500GS Ver.のほうが周辺光が明るいですが、コレはリフ底を削って高さを調節した為にLEDが前方に出たのが原因と思われます(やはり、このリフは飾りにすぎないようで・・・) 

 

(距離:50cm、SS:1/10、f:2.8、ISO:100、WB:Sun)

照射「Normal vs 500GS換装Ver.」0.1sec.jpg

中心照度はNormalが180lux程度、500GS Ver.が400lux程度から、徐々に低下していきます(肉眼では変化に気が付かない程度ですけどね)

Normalのほうが照度の落ち込むペースが早かったので、LEDのVfが高めのなのかもしれません(Batteryを疑いましたが、新品に換えても同じでした)

もしかすると、500GS Ver.はVfも低くて、NormalのLEDよりも電流が多く流れているのかもしれません・・・Runtimeが短くなるのかな?(^.^) 

 

(距離:50cm、SS:1/50、f:2.8、ISO:100、WB:Sun)

照射 500GS換装Ver.」0.02sec.jpg

コノ写真で見ると500GS Ver.の中央が青いのが分ると思います。

照射写真を撮ってて、デジカメのモニターを見てると細かく点滅して見えますので、基板のチップでパルス制御しているのでしょうか(1/320のシャッタースピードで点灯中に撮影したら1灯が消えて写ってました)

 

 

続きを読む


Pro-Ⅲ [ヘッドライト]

『FoxFury Pro-Ⅲ Tactical Cree XR-E×4』です。

7329369.jpg 

前記事はチョロっと使用した感じだけでしたが、予告通り詳しく紹介します。

基本『Pro Edition』のLuxeonⅠ4灯をCree XR-E 4灯にして光量をUPさせたもの、と考えてOKです。

  • Cree XR-E 4灯
  • Battery:CR123A×6個または3個 (RCR123Aも可能のようです)
  • Runtime:8~16時間
  • 6m防水

情報が少ないので、上記4点くらいしかSpecが判りませんm(_ _)m

PLJさんにお聞きすればイイのですが「詳細は後日UP」となっていますので、そのうち判ると思います(お忙しいでしょうし、体調も心配ですので・・・)

 

操作方法は、Pro Editionとまったく同じでした。

  1. LOW外側2灯
  2. LOW内側2灯
  3. LOW4灯
  4. High4灯
  5. 点滅(たぶん1秒)
  6. SOSモールス点滅
  7. どのモードでもスイッチ3秒長押しでOFF

変わってないなぁ~、「3秒長押しでOFF」はナントカして欲しいですね。『Quad』のようにして頂けるとイイのですが・・・

あと、LOW Modeの時「キーン」という高周波な音がしますので、サイクルコンピュータ等に影響があるかもしれません。

7329375.jpg

Pro-Ⅲの外見上の識別点は、本体裏側が黒い事(塗装ではなさそうですが、塗装かもしれません)と、ヘッドバンドに「FOXFURY」って入ってます(Pro Editionは黒一色です)

 

 

さて、〝alaris540さん〟が「Li-ionなら、即買い」とコメントしてましたが、私はCR123Aが大好き♪なのでコッチのほうが好みです(Batteryを選択できると更にイイと思いますが、FoxFuryなのでムリのような気がします)

7329449.jpg

一応、2RCR123A+ダミーセル1個を2並列はOKらしいです(ザンネンですが、私は同一銘柄のRCR123Aを3個までしか持っていないので試すことは出来ませんm(_ _)m)

想像にすぎませんが、XR-Eを駆動しつつRuntimeを稼ぐ為にBatteryを4Cから6CR123Aにしたって感じでしょうか・・・CR123Aを6個、といっても9V2並列((3+3+3)×2)ですので18Vではありません。

あと、これは重要な点ですが9V2並列なので・・・CR123Aが3個でも点灯します!(Runtime半分になると思いますが)

つ~ことは・・・2RCR123A+ダミーセル1個でも使えるのかな?

試してみたらしっかり点灯してますが、Runtimeは短そうです(^_^;)

 

 

前記事でも書いてますけどPro EditionのLEDを換装しようとしていて、『SSC P4』とか『XR-E P4』にコリメータを合わせると四角い照射になるのですが、Pro-ⅢはSpotがくっきりしてますが丸いです!

コリメータはナニを使っているのか興味がありましたが・・・

なんと!『0.75" CREE LED Optical Lens 』そのもののようです(^_^;)

7329372.jpg 

白いコリホルダーに見覚えがある・・・

〝KaiDomain〟での照射画像を見て「コレも四角いなぁ」と思ってましたが、Pro-Ⅲはちゃんと丸い照射になってます。なんか違うのかな?

 

写真を見ると気が付くと思いますが・・・外側2灯の位置が合ってませんね(^_^;)

照射にはまったく影響がありませんが、チト気になります。位置修正できたらイイのですが、ガッチリと接着されているようでムリっぽいです・・・(^_^;)

つ~ことは・・・蓄光はムリ?

 

コリメータが白いホルダーで覆われているので心配でしたが、SideのMarkがしっかり光ってくれてます。

7329452.jpg

 

 

距離1mでの照度測定もしてみました(注:写真は撮影上の都合で距離30cmです) 

①LOW外側2灯

 

②LOW内側2灯

7329418.jpg

 

③LOW4灯

7329422.jpg

 

④MAX4灯

7329426.jpg

まぁ、こんな感じです。照度計のセンサーを適当に当てて測定してますので「あくまでも目安」でお願いしますm(_ _)m

それにしても明るいですね(^ ^)

距離50cmはどうなのか気になったので測ってみましたが・・・MAX4灯時の各Spot中心のみですが、外側2灯約8000Lux、内側2灯約9800Luxぐらい出てました(LOWは5000~6000Luxでした)

過去記事でPro Editionの照度測定をした時のMAX4灯もオマケで載せますが・・・

3717152.jpg 

えらい違いますねぇ~(^_^;)

屋外で見比べると更に違って見えます。写真は同一条件じゃないので照度の数値のみで比較して下さいm(_ _)m 

 

続きますm(_ _)m

 


OFF会の貰い物『Princeton Tec QUAD』 [ヘッドライト]

Light Mania界の・・・え~とぉ、なんだろ?・・・強引に分類すれば、blog門-御託網-アウトドア目-洞窟科-EDC属の、種〝川端さん〟より、貰い物♡

先日の白馬OFF会で、DOP-11MG(K2仕様萌えVer.)を、ある意図に基づき押し付けたw お礼として『Princeton Tec QUAD』を戴きました。

勝手に押し付けたのですが、アレ・・・実は・・・罠でして...

あの未完成の11MGを渡したらどうなるかな~?という、ほんの出来心で、種を撒いてみたのですが、もう芽が出たようですね(^_^;)

そのうち、スクスク育って甲子園の蔦みたいに絡み付いてくれるとイイな♪

 

せっかく送って頂いたのでメールでお礼はしてますが、軽くインプレ♪

随分と厳重に溶着された、ブリスターパック!・・・素手じゃ開けられないじゃん・・・周囲に隙間すらないよ・・・orz

コノ角度から見ると、なかなかキレイなブリスターパックですね♪開けるの勿体無いような気が・・・(^_^;)

 

 

えへへ・・・ブリスターパックのインプレをしても仕方が無いのでちゃんと開けますよ。

金属用(銅板切断に使ってます)ハサミで、縁をジョキジョキ切って開封。

なにか、日本語の注意書きが付いてますが・・・いいよ、チラ見で充分!

取説によると、5mmLED4発を、単4(AAA)3本使用して、4Mode(High-Mid-Low-Flash)で点灯。

Regulated LEDって書いてあるので、照度一定みたいです。

Modeの切り替えは、Body TopのPushSwitchを1.5sec以内に押す毎にHigh→Mid→Low→Flashになり、選択したModeでそのままにしておくと(1.5sec以上かな?)次回Switchを押すと消灯する。という仕組みです。

FoxFuryもコレと同じ方法なら良かったのに...3.0secの長押し消灯なんてメンドクサイんだよね~。

 

裏面のネジを外すと、パカッと開きました。

ふ~ん、パッキン等はナイのね。でも、しっかり締めればダイジョウブそうな造りです。

箱書きに『水中1m』っぽいマークと、Bodyに『H2O 1M』って書いてあるけど、取説では防水については一切触れてませんね・・・なんでだろ?

『先の注意書きを見ると、防水性能について書いてありました。雨天使用は問題ないそうですが、水中使用はできないとのことです。』

箱書きはあまり信用しないほうがよろしそうで...

もちろん造りはしっかりしているので安心して使えそうです。(防滴程度と考えておけば充分でしょう)

 

んで、点けてみた(1/2sec、f:8.0、ISO:100、×@30cm)

High Mode (×@50cm中心照度:644Lux)

へぇ~っ、けっこうどころか、かなり明るい♪

照射範囲が広い為、壁から30cmしか離れていないので、円を重ね合わせたスジが見えますが、Spot周囲ではなく周辺光の外側にあるので、実用上は気になりませんでした。(実は、ちと気になってたりして・・・)

もっとこう、横に広いのかと思ってましたが、4灯の照射の合わさった部分が上下に広がった感じの照射パターンですね。

周辺光も含めると、ほぼ円形の照射なのですが、これくらい近いと目立ってしまいます。 

リフレクタ(でイイのか?)を見ると、上下より横方向の照射を絞った形状になっているので、設計上も縦長の照射を狙っているみたいですが...イイの?

 

Mid Mode(×@50cm中心照度:250Lux)

Low Mode (×@50cm中心照度:125Lux)

Mid、Low共に、程好い感じの照度です。状況に合わせてコントロールするのでしょうけど、Highを基本的に使いたいですね。(明るけりゃイイのさっ)

 

「QUADがイイ」というウワサを各所にて拝見していましたが、納得です!

室内でチョロっと点けてみただけですが、明るいし、軽いし(比較対象がPro-Editionだったりしますので、当たり前ですが・・・)

頭に着けた状態でのMode変更や角度調整もし易いです。

 

今、部屋の明かりを消して、コレを頭に装備した状態でコノ記事を書いていますが、災害時には〝ヘッ電が便利〟って~のは、間違いないですね。

あと、屋外照射撮影時にも活躍しそうです♡

ますます洞窟OFFが楽しみになりました♪

川端さん、本当に有難う御座いましたm(_ _)m

 


PRO Edition「modするぅ?」 [ヘッドライト]

〝G3〟さんの FoxFury PRO-E. 分解してみました で、勇気付けられて手を出してみました。

(ナゼに〝桃〟が?と思われるでしょうが、G3さんから『GLO-TOOB FX』プレゼントのお礼で頂きました。「美味しかった」ですm(_ _)m )

 

既に、そのつもりで〝LuxeonⅠSW0H〟は入手してましたが、失敗したらシャレにならないので、ビビッてました。(今でもビクビクもんですが・・)

〝cinq〟さんの助けも借りて、なんとか『Fenix P1』のコンバータ換装は出来ましたので、次はコレかな?な~んて考えてみたものの、構造が分からなかったので、G3さんに感謝!です。

 

・・・で、とりあえず分解!(念のためのモザイク入り)

 

さて、ココまでは簡単ですが、ココからは慎重に・・・

コリメータのホルダー(なんて言うのかな?)は下の基盤に接着剤でベッタリ・・・

この状態からエミッタだけをキレーに剥がせるのでしょうか?ハンダも取るのに苦労しそうですな・・・4つもあるし・・・ねぇ。

エミッタ・・・PRO EditionはRランクとのことですがLDだったのね、しかもStarじゃなくて、四角い基盤に乗ってます。

用意したSランクはHDだけど、コリの焦点合うのでしょうか?いろいろ疑問が湧いてきますな。

 

取り外すパーツは破壊したくない。「とりあえずGo!Go!」って声も聞こえてきそうですが・・・

 

本体から、ビス止めされてる基盤(裏にbinが記載されていて〝RW0G〟でした)を取り外して、細部を良く見ると・・・やはりコリメータのホルダーを破壊せずに取り外すことはムリそうですorz

はみ出た接着剤が、エミッタ根元にまで及んでいます。

無水アルコールにでも浸せば取れるかな?(接着剤の種類が分からないけど)

配線外してTryしようかな?

う~ん、ココから先は勇気いるな~

もうちょっと、よ~く考えてから続けようと思います。

 

 

とりあえず、スキルアップのために、○物Lightでも買っていぢってみますか・・・

 


PRO Edition part2 [ヘッドライト]

今日は FoxFury PRO Edition の照度を測定しました。

前回は品物が到着後Bike Mount を装着しただけで、Bikeがまだ帰ってきてないし「まぁ、これでいいや」とUPしましたが、実のところ・・・照度測定のことは忘れていました。

 

それでは、①外側2灯、②内側2灯、③4灯75%、④4灯100%の4Mode で×@1mで各Point での測定です。

 

①外側2灯(公称runtime:8時間)

 

②内側2灯(公称runtime:8時間)

 

③4灯75%(公称runtime:4時間)

 

④4灯100%(公称runtime:2.5時間)

結果は各写真に記入した通りでした。BatteryはPLJさんで付けて頂いた物そのままで、新品状態ではありません。(昨日は天井照射で遊んでました)

 

照度測定の結果なのですが・・・どうなんでしょ・・・(^_^; ヘッデンは初めてだし、Bike 用にするつもりなので、1mの距離で測定しても意味ないような気もします・・・

評価の方は、Bike に装着して20~30km/h 程度で走ってみてからですね。光軸の調整ぐあいでも変わると思うので、いろいろ試してみます。

 

・・・つづく。

 

こっそりと・・・ 6/10 追記

TOPEAKのBarXtenderが到着しました。これは22~38mmまで対応してますので、APBの30mmのヘッドチューブに取り付けられます。 

 

 

・・・で、とりあえず何かに取り付けてみました。(何かの部分をBikeの一部分に脳内で変換してください)

 

 

 


前の10件 | - ヘッドライト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。